読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

P5クリア感想(「続きを読む」からネタバレあり)

ゲーム

なんかずっとP5をやりっぱなしだった気がします。
PS4のソフトを自分で買ったのは初めてでした(元々P5発売時に
本体を買おうと思っていた所、先に旦那が別ソフトのために買った)

ペルソナ5 - PS4 ペルソナ5 - PS4

アトラス 2016-09-15
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る by G-Tools


もう発売から結構経ち、そしてクリアした10月初旬からも間が空いてますが
連日外出の用事があったり疲れ切ってたりで落ち着いてPCに
向かえませんでした。
あと、今回のP5って公式がかなりネタバレ戒厳令を敷いていますよね。
たぶん発売直後の実況系やツイートに対する牽制だとは思うんですが、
ブログではネタバレ含めた感想文とか書いても良いのかな駄目かな…と
迷っていたというのもあります。
でもいつまでも放置するといいかげん内容忘れてしまいそうだw
という訳でつらつら書いてみますね。
注意文を書くまではネタバレはナシで。

-----------------------------------------------------

今回は…というかP4の時もか?イージー通り越してセーフティで
始めました。
いやーもう老いて雑魚戦のひとつひとつ丁寧に戦略考える余裕がないというか
こういうゲームはストーリー目当てなもので爽快感優先したいんです
すみませんw
元々メガテン系は難易度的に厳しい傾向にあったことですし
選べるのなら、ちゃんとEDまで観られる範囲でイージーにしますね。
(さすがにストーリーが中途半端に終わってしまうのなら選ばない)

流石PS4というべきか、画像が綺麗です。3Dの綺麗さはDQヒーローズ2で
すでに実感していましたが(なおゲームの方はクリア断念)、キャラの
2D顔グラフィックは更にくっきり綺麗です。
P4Gをやった時も顔グラの絵柄がくっきりしてて良いなあと思いましたが
絵柄も5で更に洗練された感じでした。
全体的にパッケージやキャラクターデザインの全身絵より
このゲーム内の顔の方が好みだけど、もしかしたらこっちは
キャラデザイナー本人の絵じゃないのかもしれない…

P4に具体的なモデルの街ってあったのかわからないんですが
今回は東京が舞台なので、見覚えのある風景がたくさん出てきて
楽しかったです。池袋の天空や秋葉の超男爵w(←常連)はもちろん
市ヶ谷の釣り堀まで出てくるとは…w
でもこれ東京になじみのない人が見るとどうなんですかね…
龍が如くで知らない街が舞台になっててもプレイはできるのと同じで
そんなに気にならないのかな?
でも私は東京に住んでても最初銀座線に乗り換えられませんでしたw
普通に行こうとしたら迂回を要求されて途方にくれ、
いきなり攻略サイトかなんかを検索したようなww
池袋や新宿はなじみがあるんですが、
渋谷は通学通勤圏内では無かったし普段そんなに使わないですからね…
ただハチ公前のレリーフは渋谷での待ち合わせに使った覚えがあって
懐かしいです(なぜか絵柄変えてあったけど)。
近々聖地巡礼に行きたい。渋谷巡礼といえば
サウンドノベル「街」の時にしましたねえ…カフェラミルとか探した。


3以降毎度演出やレイアウトがスタイリッシュなペルソナですが
今回特筆すべきは戦闘中の総攻撃後と戦闘終了後のリザルト画面ですね。
主人公が手招きしながら歩いていく演出かっこよすぎww
メメントスにいる間はちゃんとモルガナの車が走りますし。
総攻撃はホールドアップを決めたキャラがトドメ顔を見せてくれますが
これまだ杏と真では見てないんですよね。
杏は使っている間にホールドアップ担当がなかなか回ってきてくれず
真はそもそも最初のイベント戦闘以外で自主的にPTに入れた事が
全くないので…。
そんな私のPTメンバーは祐介、モルガナ、春でした。
春のトドメ顔、優雅でいいですwブチッ顔も意外と目つき鋭いですよね。
なんとなく予想はしてたんですが、気になってて使いたかった双葉は
今作のナビ担当だったんで残念です。
でも春を使っているうちに春の方に愛着湧いてきたかもしれない…w
もちろんコミュ…じゃないコープは双葉も満タンなので
戦闘中色々と出番は多いですが。
そういえば、最初双葉狙いでいたコープの恋人関係ですが、
春もかわいくて断り切れず股がけしてしまいましたすみませんww
PTメンバー外では新宿の占い師が可愛かったので迷いましたが
股がけは最低限にしたく、こっちは泣く泣く恋人関係を諦めました。
……いや2人に絞ってる方が余計に生々しいのか?w

f:id:demerin:20161022091025j:plain

春ちゃん描きました。

コミュ改めコープですが、今回は強制的に上がるキャラは別として
祐介、双葉、春、ダメ寅、占い師、川上、三島、闇医者、女流棋士、惣次郎
…書き忘れあるかな?この人たちとあげました。
三島、最初は自分好みの気弱キャラかなと思ってたら
意外と下心ありまくりのキャラだったんでちょっとがっかりですw
惣次郎やダメ寅など、おっさんコープが良かったですね。
ガンマニアも気になってたんですが夜コープが多すぎて
どうも後回しになってしまいました。


前半は、初見では意味がわからないオープニングの逃走劇からの
拷問、尋問に至るまでの事情を回想していくという形でしたが
(冴が毎度どうでもいい要素まで「どうなの!?」と問うてくる場面を
挟んでくるので正直鬱陶しかったw)
この場面に追いついてからは怒涛の展開でした。
といってもこれまでとても長かったです。そして追いついてからも結構長いw
「よしここでラストか」と思っては「まだ終わりじゃないのかよ!」の
繰り返しだったように思います。
PS4ソフトだけあって元が8000円前後な作品なので
元をとらせてくれる所か2本分といえる時間と内容を詰め込んでくれるのは
非常にありがたいし、長くても決して話がダレないのは素晴らしいんですが
「わかった、凄いのはよーーくわかったからそろそろ解放してくれ~~」と
お腹いっぱいを通り越した感情になっていました。
クリア時間はセーフティでありながら95時間23分でした。DQ7かな?
いや~~さすがに疲れました。いや本当にダレたとかじゃないんですけど
ゲームする日数が長すぎましたね。
私の活動できる場所はリビングのダイニングテーブルしかないので
そこにPS4と小さいテレビを置きっぱなしの毎日は本当にまずいと
思ってました。やっと片付けられましたよ。
やっぱなるべくなら携帯型のゲームにしたいな~。
でもPS4の画面は本当に綺麗で、PS4版のDQビルダーズを
あらためて買ってブロックの重厚感を味わいたいなと思いました。
まあ2の発表してくれる方が千倍うれしいんですけども…w

未プレイでここ読んでる人がどれだけいるかわからないんですけど
ストーリーも2転3転するしキャラクターたちはイキイキしていて
本当に面白かったですよ。PS4ソフトは高価だな…と思ってたけど
値段以上の楽しさは回収したと思っています。
まあ、長すぎるので、比較的時間のある人やバイタリティのある人に
お薦めしたいところですね…w


この先はストーリーについて感想を書きたいと思うので
ネタバレになります。
畳みますね~(記事単体で読むとそのまま続いてしまってるかも)


 
---------------------------------------------------------


いや~~長かったですね~~~
セーフティでクリアレベルは83でしたが、ノーマルだと
レベルいくら位必要になるんですかね?

多分シドウパレスやってる辺りで普通は
「ここがラストダンジョンかな」と思うんですけど、
でもP4Gでラスボスが二転三転したことを知っていると
(あと所持ペルソナでまだラスト感のある天使系がいないとか)
シドウの後にも敵はいるだろうなって事はうっすらわかるんですよね。
メメントスって放置でいいの?モルガナの正体は?というのもあるし。
で案の定メメントスの話になったので奥に進んでいくと
聖杯を倒しても話は進んで。

ちなみにモルガナはメメントスで言われてた通りの、
メメントスにとっての)大罪人だったら面白かったんですけどね…
結局作られた存在ってだけならP4のクマとあまりインパクト変わらないし
人間じゃないならないで杏に対する想いについての決着も欲しい。

ところでイゴールの所びっくりしましたね~
私は携帯機だと音を出さないでプレイすることがざらなので
イゴールの声が今までどんなだったっけっていうのは覚えてなくて
あの声優の交代も今の声も気にしてなかったんですけど、
あそこまで違うならそりゃファンは気になりますよね。
そして交代はやむなき事情だったとしても、その声代わりを逆手にとって
本当に別人にするというのはうまいと思いました。
新規に声がとれるわけじゃないのでこの手法が使えるのは一回だし
今後のシリーズを続ける場合はこの低い声でやっていかないといけないので
どうするのかなとは思いますが…
双子の看守については、最初なんで男女の双子じゃないんだよ
女に寄りすぎだろって不満だったんですが、ああいう流れなら
二人とも女だったのも納得です
(でも一つになったからといって何が変わった感も無かった気がする)


そして今度こそのラスボスを超王道少年漫画的展開で倒した後に
ようやくEDか…と思ったら
この後にバトルこそないものの話を畳むまでに1時間以上くいましたね~
これは夜遅くから、あるいは出かける前にラスボスだけ倒すつもりで
始めた人にはキツいww

この、主人公の無実をかけあって早く釈放されるよう動く仲間たちの描写は
主人公と仲間たちが今後ペルソナ能力を使わなくても
日常の危機を乗り越えていく事はできるんだって事を示す
重要なエピソードだったと思います。
能力系のお話でその能力を失った後、
自分たちがヒーローだった非日常が終わってしまった後に
主人公たちは日常の中で頑張れるのかを描かずに終わる作品は多いし
実際最後が盛り上がらない部分は蛇足として描かせてもらえない等
あると思うんですが、日常に帰っても頑張るってのは
毎日が日常であるプレイヤーを勇気づけるには必要な部分だと思います。
所詮ゲームの主人公たちは能力者(ペルソナ使い)であるから
活躍できたんであって自分たちとは訳が違う、と切り離して考えたままだと
ほんとに娯楽としてしか得るものがありませんしね。
まあそれにしても、最初に獅童と引き合わされた原因になった女性が
真のラスボスでそれはP5G(完全版)で明らかにするつもりだから
今はスルーしてる…とか色々言われてますが、どうなるんでしょうね。
確かに3学期は飛ばし気味でしたが、しっかりクリスマスやバレンタイン
(お前らこれが見たいんだろ?というイベント)だけは
もう載せてるわけですし…やるのかなあ。
あ、もしかして普通のP4でもバレンタインはあったんですかね?
私P4Gの方しかしてないので、三学期まるまる無かったと思ってました。

さきほど書いたように恋愛に関しては双葉と春の二股だったので
クリアしてからクリスマス~バレンタインのもう片方のパターンを見ましたw


ところで竜司って結構嫌われてるんですかね?
確かにうまくいかない時に怒鳴ったり机叩いたりするので
そこで少し怖いってのはあると思うんですが
その分喜ぶ時も人一倍喜ぶんで学生らしく見てて気持ちはよかったです。
個人的にはモルガナとの揉め事は、拗ねて皆に捜索させて
他の人(春)と当てつけに仲間になって
あげくメメントスの中を車で逃げ回って…って手間をかけさせすぎで
私としてはモルガナの方にムカついてしまったんですよね…。
(メシアライザーとか回復系すごいんでレギュラーで使ってましたが)

-----------------------------

明智は……ねえ……
プレイするまでは、キャラ紹介を見た感じやけに女キャラ多くない?と
感じて(モルガナが男性という認識じゃないので余計に)
それだけに明智はどんな某テリーばりに仲間になるのが遅く弱いとしても
レギュラーとして使ってやろうと思ってたし、ニイジマパレスの時は
即死系ばっかりで使いづらい、仮面のデザインの鼻が尖りすぎててヒドいと
感じても使っていたのに、
「…バカな女だ」発言が飛び出しても
そうか冴をだまして主人公を救いにきたのかと信じてていたのに、
あんなん酷いです(;´Д⊂) あ、初回ここでバッドエンドでしたww
無理やりでも使おうという色眼鏡がなかった人はすぐ気づけるのかな??
仲間の中に裏切者がって、明智が新参者すぎて逆に数に入れてなかったし
主人公が死んだ報道の時にニヤリとした竜司の方にまさか!?と
思ってましたしね…(実際古株キャラだったらめっちゃ驚いた) 
パンケーキ会話の時点では矛盾に全然気づけませんでした…

というか明智の方がシドウを出し抜いていずれシドウにトドメを刺すと
思ってたんですけど、違ってましたね。
でもその方がシドウの強さが出るかな?
最後の方すっかりわめいてばかりの子供みたいになって……
まあ愛情が欲しかったり認めてほしかった感はよく出ていたと思います。


セーフティでプレイしてはいましたが、一番てごわく感じたのは
フタバパレスのスフィンクス(認知上の母親)でしたね。
けっこう被ダメージきつかったような…
結局一回も全滅してないので、セーフティって死んだらその戦闘中のまま
生き返って敵の減少HPはそのままに続けられるのか、
戦闘離脱して直前の場所からやり直しになるのかがわからずじまいでした。

総合的には文句のつけようもないくらいリッチな面白さでした。
でもお金のある会社じゃないとここまで制作のゆとりは与えてくれないかなー
できさえすれば評判や売り上げのリターンはそれ以上になって
返ってくると思うんですけどね。ペルソナシリーズだからできた事で
やっぱり普通は売上の読めないソフトにここまでかけられないのかな。