読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

ドラゴンクエストミュージアム(渋谷ヒカリエ)に行ってきた!

ゲーム

ポケモンGO、例に漏れず私も初日に落としてプレイしてます。
…いや、ました、か。最初の数日ですでにGO疲れを起こしました。歩けよ。
でも、昨今は某妖怪にしてやられてただけに
現象としての今のポケモンブームはうれしく思っています。
そのままサンムーンへの売り上げに繋がる事を望んでいるのですが、
なんか最新のサンムーン情報は賛否両論ですね…

------------

さて、前にも絵をアップしましたが、今年はドラゴンクエスト30周年です!
その記念で今年はDQの記念画集やら舞台(スペクタクルツアー)やら
色々行われてるわけですが、その一環で今
渋谷ヒカリエ9階にてドラゴンクエストミュージアム
DQに関する美術展的なものが開かれています。

dqmuseum.jp

最初は、一般の美術館と比べると結構高めなお値段に躊躇し
こういった展示は依然2009年に六本木で行われた
ドラゴンクエスト展」で一度見に行った事もあり
見送ろうかな、と思っていたのですが、せっかくの30周年だし
何か夏休みだし思い出を増やしても良いかなと。
とはいってもこんな高いのにDQろくに知らない長女も行って
余分にお金かけたくはなかったし、じっくりと浸りたかったので
旦那と私(と抱っこ紐で抱えてる次女)で
長女が夏期の預かり保育に行っている間に行くことに。
長女の夏休みの思い出は他で作る(具体的にはジュウオウジャーショー等)。

ここからある程度写真を挟みつつミュージアムのレポを
していきたいと思いますので、展示物のネタバレを一切見たくない方は
ご注意を(もちろん撮影可能範囲内です)。

 

f:id:demerin:20160802225950j:plain

ヒカリエに着きました。駅からヒカリエ地下3階に渡って
それから上へ移動するんですけど、最初のエレベーターを
昇るところから歴代主人公がお出迎え。たけええええ
そうそう、渋谷駅のホームの音楽もDQの序曲になってました!
これ今だけかな?

そして少し行き方迷いましたがなんとか9階につき入場。
最初にエレベーターで、11階かな?までノンストップで行って
それからエスカレーターに乗り換えて9階に行った方が良いです。
幼稚園のお迎えまでに確実に終わらせたい&
混雑しない時間帯に入りたいこともあって朝一で入れるチケットを
ローソンで確保していたので(朝一チケットは事前の日付指定)
それで入りました。
朝チケットだとダッコちゃんみたいな「腕ぴたスライム」という
ビニール人形ももらえます。

f:id:demerin:20160802230953j:plain

入場すると歴代主人公が横にずらっと全員集合。
私的にはやっぱりロトシリーズですね! ローレシア男前~
その部屋に、会心の一撃チャレンジという、3度の攻撃で
メタルスライムはぐれメタルメタルキングのどこまで
倒せるかっていうゲームを誰でも一回限りプレイできる筐体が
置いてありました。旦那は全敗、私はメタルスライムだけ倒しました。
これはのちに討伐の証的なシールでもらえます。

そしてこの歴代主人公の壁画のところで少し待つんですが
ようやく呼ばれて、堀井神たちのメッセージやパッケージが
展示されている廊下を抜けると、立ち見のシアターっぽい部屋に。
おそらく、ディズニーランドのホーンテッドマンションで最初に待って入る
解説部屋のように、ある程度人数に区切りをつける為の
シアターではないかと。

映像の内容はこれまでのDQの主人公たちの紹介、そして
30周年を迎えてここから新たな伝説へ的な解説が流れました。
最後に、東京都の渋谷と思われる場所に向かって各勇者たちの光が
集まる演出の後に、いよいよ展示物の本番の始まる場所に誘導されます。
いや、その次の部屋に行く演出に驚きました。
これから行く人がいるなら今ここで書くのは勿体ないので控えますw


展示物で最初に目にするのは、本物の鍛冶屋さんによる
ロトの鎧兜、盾、剣の実物大スケール再現。
このシアター内から撮影禁止エリアに入りまして
1~3の展示が終わるまでが範囲です。
この1~3の展示は冒険中のイベントをイメージした
本格的な油絵だったのと、それを元にした複製原画やポストカードが
ありましたので、それ売るための撮影禁止かな~。

さてこのイベント再現油絵は、まず3から始まって(ゲーム中の時代順)
ルイーダの酒場ラーミア誕生、バラモス戦、ゾーマ戦、

そして1のドラゴン戦、ゴーレム戦、虹のしずく、竜王(変身前)、

2はムーンブルク城陥落、サマルトリア王子との出会い、
ロンダルキア大地、シドー出現

の順に油絵がありました。各4枚かな?忘れてるものがあるかもですが。
油絵と油絵の間に、絵にされてない重要ポイントのイベントの解説と影絵が
あるだけですね。

この3油絵のエリアからシリーズ全部分のフロアを廻るまでに
スライムマークが6か所隠れていて、それでワードを集めるゲームもあり
最後に揃えたワードを報告すれば歴代勇者の中からランダムで一枚シールを
もらえますので、忘れないように探しておきたいところです。

-----------------------

f:id:demerin:20160803171238j:plain

油絵エリアを抜けると、次は天空城を挟んで4~6のジオラマ展示エリア。
このジオラマ展示エリアが私的には一番楽しかったですね~。
同じ場面でも角度を変えれば違う見え方や表情が出てくるので
立体物もいいなあって思いました。

f:id:demerin:20160803165542j:plain
2章の武闘大会とか

f:id:demerin:20160803165849j:plain
一番気に入ったのこれかも。ちゃんとオーリンもいるし

f:id:demerin:20160803165740j:plain
デスピサロ戦とか(デスピサロの上下の顔の目線に注目)

他は1章のピサロの手先&大目玉戦、3章の仕掛けの洞窟、
5章の気球がありました。

f:id:demerin:20160803170124j:plain
5だとこんなシーンまで再現されてるんですよ。
これまでに桜が舞ったり雪が降ったり季節がめぐってたの思い出しますね。

他はパパスとゲマの対峙シーン、ビアンカのリボン見せるシーン、
嫁選びのシーン、ゴールドオーブすり替えシーンがありました。

f:id:demerin:20160803170625j:plain

6ではあの禍々しいループ儀式のシーンも再現。影になってますが
ちゃんとカエルとか供えてありました~。

他はバトルレックスとテリーの対峙、笛で金色のドラゴンを呼ぶシーン、
空飛ぶベッドで飛び立つシーン、EDのバーバラと卵がありました。

---------------------

ここを抜けると次は7~10なのですが、
絵やジオラマによる再現は行われておらず、なぜか各1つずつ
大きなモニターなどでミニゲームがあるだけという感じです。
7は石板パズルでキャラクターを作ったり(とくに景品はない)

f:id:demerin:20160803171612j:plain
赤子を抱えてたのでやりませんでしたが8ではモニターに合わせて動いて
スーパーハイテンション状態を引き出したり
9では短冊がわりの葉っぱ型カードに願い事を書いてツボに入れ
木の映されたモニターに向かって祈ると実になったり
10は本編のスクショのコンテストがあったようで、その最終候補の中から
一枚選んで投票するやつでした。
写真コンテストは、今まで見たり参加した事ある範囲では
割とハイレベルなイメージだったんですが、今回はなぜか
ごく普通のぱっとしない写真ばかりだった…(参加者見てたらすみません)。
仕方ないので贔屓のドワ子が写っている写真を選んでおきましたがw

さきほどのワードスライムを拾うのはここのエリアまでです。
すでに通った所へは基本逆行できないので、忘れずに探しましょうw

---------------------

ここを抜けると歴代ボスが壁に並んでいて、その後大きなモニターで
歴代主人公たちが歴代ボスに挑むスペシャルアニメが流れます。
これが、それぞれ違うボスに挑んだり違うシリーズ同士の勇者が組んだりで
すごく熱いですよ!
おそらくバトルロードのアニメーションを作った所がやっていると思います。
1の勇者とローラ姫だけあの剣神バージョンだったのでw
でもバトルロードのアニメーションってすごくよかったですよね。
本編でもあの位のトゥーンレンダリング?が絵柄に合っていると思います。

----------------

この後は鳥山さんや堀井さんやすぎやまさんによる直筆の制作資料が
見られます。マップとか楽譜とか…鳥山さん直筆のパッケージ原画はもう
あーここホワイト盛ってる、本物だーとか言いながら見てました。
意外と小さいんですよね。B6~A5くらい?
ペンを入れた後にコピーを取り、そのコピーに水性マーカーを溶かしたもので
着色していると思われます。ホワイトを薄めて光沢立体感つけてる箇所も。
原画では結構コピーに線の汚れが見られるので、これは取り込んだ後に
PCで処理してたのかな?
実はこれらの資料は2009年のDQ展でも同じものを見たのですが
その時は別の人たちと一緒に行ってたので、
今回再び見られて、旦那に見せられて良かったと思いますね。
漫画屋視点で鳥山絵の原画について色々語れたので。
とくに2のパッケージ原画はほんともう…この世で一番欲しい絵かも。
楽譜も読んでみると、紛れもなくあのメロディーでした。
堀井さんの資料も場所やアイテム名が仮名な所があったりと楽しいです。

-----------------

ここで展示は終わり、フードコートになります。
モンスターをかたどったメニューがあるのですが、この食事に関しては
せっかく高い食事ならいつか本物のルイーダの酒場(六本木)に行って
ちゃんとしたのを雰囲気に浸って食べたいなと思うので今回はパスしました。
そしてグッズ販売所。
シャツはいくつかいいなーと思うのもあったんですが、
基本品切れで今後は受注になってましたね。
冒険の書スマホケースは惹かれたのですが、私のスマホには大きかった。
シールなどのグッズもあったんですが…ひとつ言わせてほしい…
あのJK御用達のイラストレーターの絵はDQ公式グッズとしては
関係ないだろ、求めてない、というのが正直な感想(LINEスタンプも)。
グッズも今回は買いませんでした。
(あ、スライム型の製氷トレー見損ねたみたいで忘れてた……)

そして最後、出口に向かう途中の廊下でファンアートの展示がありました。
これの募集をしてたのは知ってるんですが、相当レベル高そうだなーと思い
応募しなかったのですが…意外と普通の絵も多く、ちょっと後悔w
でもすごく凝った絵がボツになっていたりかたや連投ネタ絵が全て載ってたり
選考基準に謎な面もありますので、もし没になっていたらここのエリア
純粋な気持ちで通れないな…という恐怖もあったので
私みたいな負けず嫌いは応募しなくて良かったのかもしれないですw
載った方たちはものすごい記念になったと思います。羨ましい。

そしてカウンターでメタルスライム会心の一撃チャレンジの景品と
ワード集めの景品をもらって終了です。どっちもシールですが。
2のローレシア王子当たれ~~と思って引いたのが9……
旦那は5でした。当たりの部類だとは思いますが2~4が一番嬉しかったかも。

f:id:demerin:20160803174813j:plain

これにてDQミュージアムはおしまいです!
着いた時間からは1時間半が経っていて
チケット代は高いですが、意外とそれなりの時間は使ったなと。
一応これで30周年らしいことはできたかな…?

帰らないといけない時間までにはまだ余裕があったので
せっかくヒカリエが初めてだからと、7階のレストランエリアで
食べて帰りました。
もらったパンフレットの裏に案内がありましたが
このDQミュージアムのチケットの半券を当日中に見せれば
各レストランでおまけや割引のサービスをを行っています。
なのでデザートを無料でいただけましたw