読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

ブログが死ぬのか、Twitterが死ぬのか

このたび、ブロガーにとってはすごく気になるであろうニュースが出てきましたね。

appllio.com

ツイッターの文字制限を、140文字から1万字に… 一万字ってそれ
実質制限撤廃みたいなもんじゃないですかね?
長文病と自負する自分でも1万文字使ったことはないですわ。
(まあまだはてなに移行して半年も経っていないんですが…)
ツイートって元々鳥のさえずりとか呟きって意味だったと思うんですけど、
いつまでブツブツ言ってんだこの野郎って状態になるんですねえ。

 

記事を見ると、最初に誰もが心配しそうなTL自体の見づらさは無いようですね。
140文字を超える分は所謂「つづきを読む」で読みたい時だけ開けばいいようなので。
今でも画像貼り付けは断片的にしか表示されてないし、あれを開くのと同じ感覚かな?

こんな仕様にする目的を、運営は
140文字以上の長文を一度の呟きで終えるために
スクショという形でアップする人たちがいる、それでは検索が機能しないから
と言っているようですが… そんなん私は見たことないな…
海外の話かな?画像にされたら文字小さくてかえって見づらくないですかね?

画像がどうたらというのはあくまで理由の一部であって
「お気に入り」の「いいね」化など最近のツイッターFacebook化を意識していた事も含め
「他のSNSもブログも、全てツイッター一本で済ませちゃいなよ」という
客を総取りしたい!!感がひしひしと
いや経営者としてはその意欲を全く否定はしないけれども。

で、これを見て、ブログをメイン活動にしていてかつツイッターで更新告知を
行っていたブロガーさん達はどう考えているのかすごく気になります。

「これからブログを始めようかな…でも言いたいことはツイッター
何回かに分けて投稿すれば気が済むし…」とか
「(ツイッターに比べ)あまり人が来ない所に長文を気合入れて書く気にはなれない」程度に
考えていた人には長文対応の仕様はすごく魅力的だと思うんです。
では、すでに他所で書いていた人は
「よし、ツイッターで全て事が済むならこれからブログを畳んでツイッターに書こう!」と
…なるんですかね?

ツイッターのメリット

・言いたい事をまとめるための時間をとられない、吐き捨てが気楽
・他の人の呟きもタイムラインに乗るので他の人のページに行かなくて済む
・実況に強い
・(日本においては)何といってもユーザーが多い

ブログのメリット

・自分だけの部屋感
・吐き捨てゴミ記事にはあまりならない、言いたい事が1記事にまとめられている
・ゆえに日記や備忘録として見やすい、過去記事を探しやすい
・ぶっちゃけマネタイズ

うーん。
これ、もしツイッターが一万文字に増えたとして
「つづきを読む」をクリックして全文章表示すれば広告料が入るなんて
できるようになった日にはほんとにブログ界閑散としそうな気がする……
そこらへんで、「承認欲求を満たせればいい、お金はあくまでついで」と言って
広告を貼っている人たちがどう出るかはすごく気になります。
私も承認欲求が第一なんで、この「少しのお金部分」まで
ツイッターでまかなえてしまうのなら、それはすごく迷いますね。


ブログの更新はやっぱりツイッターのように皆が見るところで言わないと気づかれない、
いや告知を出してもいちいちリンクを踏んで他所に飛ぶのは面倒くさいと言われる時代です。
で、そこまで面倒くさがる人は、ツイッター内で文章を書かれて
「続きを読む」をクリックする事も面倒くさがるだろうから…
結局それほど続きを読んでもらえない。
書き手の方は「あれ?気づかれてない?流れた?」と思い自分の長文力作を
セルフage(自分へのリプライ)して、この無駄呟きによって余計にTLが猥雑になる。

この仕様変更は
書き手としては便利、読み手としては不便になるんですよね。
1つのSNSツイッター)で全て済ませようとする事によって
ツイッターの更新だけ考えればいいようになって便利になった!となる人数と
読むものが増えすぎてタイムラインが追えない、とツイッター自体面倒になる人数と
どちらが勝つのか、正直全然読めません。
ブロガーにとっては先述の、「続きを読む」でマネタイズできるのかどうかも
関係してくると思いますしね。

・ROM専が減りそう
・最初の140文字で読み手を釣り「続きを読む」後の文章は肩透かしな、見出し詐欺が増えそう

これは確実な気がする。

 

私はというと、やっぱりブログはやるかな。人が来なくても自分の日記帳としてね。
印象に残った出来事や主張したい事をきっちりと長文でまとめて
備忘録として掘り出しやすいというのは大きいです。
ツイッターだと、ゴミのような短文ぼやきと本気の論文がごっちゃになるので
気づかれないままタイムラインの奥に押しやられ無駄になってしまう可能性もある。
あとやっぱり、ブログの更新やカスタマイズ作業している時の自分の家感は捨てがたいです。
個人サイトを消して久しいのでなおさら。

余談ですが、個人サイトが絶滅危惧種になったのは
Pixivとか絵の倉庫になる場所が別途できてからだなーと思いました。
PixivもSNSなので、結局SNSの存在が個人サイトをつぶし、
今はSNS同士のつぶし合いって事なんでしょうけど。

-------------------------------------

今回のニュースを受けて、自分もブログをやっているし、コメントでも
ブログでやれ」的なものが多いのでブログと比較しましたが。
ツイッター社としては、ブログよりもFacebookを見ているのですよねきっと。
本国ではTwitterよりFacebookが主流なので、ツイッターのお気に入り→いいね化といい
日本人をして「なんで今更改悪を」と言わしめるFacebook仕様は
本国にとっては目指すべきもの、なのかもしれません。

でも、たとえ仕様が全く同じになったとしても、Facebookの使い方は
あくまで本名で、顔を晒しても良いようなリアル知人たちに
ツイッターじゃ載せられないような家族友人含めた写真を載せたりして
内輪の近況報告し合う場だと思うので、
少なくとも日本においてはツイッターと完全に棲み分けできてると思いますし
仕様を真似されたところで身内用の場所としての需要は消えないと思います。

リアル知人がやってるのでなければ誰があんな使いにくいものやるか!って位
Facebookは見づらいし分かりづらいですけども…。
正直日本人としては、あれを目標にしてもらわなくても良いよ…という感じなんですけどね。