読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

ソフィア「まほうのレッスン」 / プリンセスプリキュア40話目

昨日は地元の市民まつりでニンニンジャーのショーがあったんで見にいきました。
雨だったから寒くてきつかったー(演じてる人らはもっとか)。

最初はアカ、シロ、モモの三人しか戦ってなくて、まさか予算の関係で
3人しか出せないのか?しかしその組み合わせって偏ってないか?
とか思ってたら、後からアオ、キも出てきてほっとしました。
アオ、キが出てきてからヒトカラゲが2匹減ってるけど

え?スターニンジャ?…きっとキンジが出てくる前のお話なんでしょうなあ。

 

-------------------------------------------------

今週のソフィアはセドリックに、学校課題の魔法を習いにいくソフィアのお話。

セドリックはソフィアの胸につけているペンダントを奪って国を支配するのが目的なので
ソフィアを弟子にして毎日部屋に通いにきているうちに透明な薬を完成させ
ペンダントを奪おうということで、ソフィアに毎日小間使いをさせつつ魔法を教えるのですが。

ソフィアが部屋に通いつめることが決定した後に、
模型のミニチュア城と兵たちの人形を操って国を支配するおままごとをしてるのが哀しすぎるw
最終的にうるさいぞと言われてミニチュアがぶっ壊れて三角座りするしww

ある時国王がセドリックを呼び出し、
他所の国王を食事に招待するのだが自慢話ばかりしてきて困る、
この国王に馬鹿にされないように魔法で城を整えてくれ、と言われるんですが
城のオブジェをかっこよく変化させる事に失敗し
国王はやっぱりかという感じでセドリックを頼るのをやめる。
どうも、いつも国王まわりの評価が低いのは本当に魔法が下手というより
国王の前で緊張してしまうのが原因だったようで。

セドリックは前任の宮廷魔術師の息子で、その前任が超優秀だったようです。あー。
これで劣等感の強い性格に育ったのだなと納得。
その前任夫婦(セドリックの両親)はもう亡くなっていて肖像画になってるのですが
その肖像画ごしにお話ができるようです。死んでる意味がないとも思うけどこういうの良い。
父親がちゃんと良心的な人なのに、母親は息子可愛さのあまり
思うこと(悪事でも)を何でもやっていいのよというタイプなので、母親が毒親ですねえ。
ソフィアが掃除をしている時に落とした薬ビンの煙でソフィアはトカゲになってしまい
それを速攻でセドリックは元に戻すのですが、ソフィアはその、
セドリックが最初に覚えたという魔法のことを才能があると褒めたたえます。

本当はすごい魔法使いなんだから国王にもそれを認めさせたいと、ソフィアは
自慢しに来る国王との食事の日にショーを披露すると約束をとりつけてしまいます。
その日は自分も学校の魔法テストがあるから当日まで2人で一緒にがんばろうと。
この魔法の練習を二人でしたり雑用したりで一緒に過ごしているのが
先週の予告で気になってた、杖を合わせるシーンでした。
特別な場面でなく、ただの練習だったけどとてもほほえましい。

当日、肖像画の両親が、心の中の天使と悪魔のように色々ささやきますが
セドリックは自分で考えるから黙っててくれと部屋を出て行きます。

 

ソフィアは学校の魔法のテストでうまくいき、金の判定。

夜の食事会でいよいよセドリックの魔法を披露する時、緊張でやはりダメダメに。
国王たちが呆れ始めていると、ソフィアが機転をきかせ、以前かぶった薬を使って
トカゲに。
セドリックはここで反射的にソフィアを元に戻そうと例の魔法をかけるんですが
その行為と魔法の効果に国王たちは歓声をあげ、セドリックはソフィアの命を救ってくれたと
(先代の魔法使いも王の命を何度も救ったというエピソードがあった)。

ソフィアは自分に得意な魔法を使わせるためにわざとトカゲになったのだと気づいた
セドリックは、ペンダントをとるために使おうとしていた透明になる薬を
自分にではなくウサギに使います
自慢をしにきた国王もセドリックの魔法を素直にたたえ、いい気分で2人で部屋に戻ると
ソフィアはセドリックのおかげだ、と
学校でもらった金判定の賞状をプレゼントして帰って行きます。
世界を支配するのはまた今度でいいかとセドリックは満足げ。

 

いやーいい話でした。セドリックはネガティブで小物な悪役ポジションですが
今回はその人間くさい内面や生い立ち、性根はいいやつなんだという事が知れて
セドリックを好きになれました。
この機にペンダントを奪おうとかそういう事をなにも考えずに
とっさに出た真剣な顔の「リザルド・チェンジオ!」が格好良かったです。

来週はまた悪役に戻るんでしょうけど、なんだかんだでいつも
本当に外道な領域までは踏み込めない感じですよね。


----------------------------------------------

 

 プリンセスプリキュアは、トワとカナタが改めて再会を喜んでいたら
元ホープキングダムだった、いばらの森にワープする事になる話でした。

シャット…「トワイライトも?」とディスピアにわざわざ聞き返してるし
やっぱりトワイライト(トワ)に未練があるんじゃないかな…

実は今まで、目が好みじゃなかったのとトワイライトの時悪役だったこともあって
あまりトワが好きになれなかったのですが、今回でちょっと好きになれました。
トワの成長話っぽいので、またキーが増えたりするのかと思ってたけど
今回はトワが最初にキーを拾った神殿?みたいな場所を開放して
中央の城に繋がる虹を一本復活させてました。

なんかこういうのRPGで見た事あるww
元の王国のビジュアルで4本の虹が十字の方角に伸びてたので
このそれぞれの先に4つの神殿があって、それぞれ元素的なものを司っていて
4つ全部開放していけば中央の城が出現するんですね?
ちょうどプリキュアも4人いる事だし

今回開放した神殿にはが灯ったから、残り3つの神殿が開放されたら
が飾られるにちがいない。

 

今回カナタとトワの両親(国王、后)が出てきましたが
肌の色の遺伝だけ両親と入れ替わった形なんですね。
ホープキングダムにいるのは王族含め耳のとがった人間型と
あとはパフたちのような動物で構成されてるようですが
パフたちが平和な頃からその姿って事は、べつに何者かに
動物にされたとかはなさそうですね。
でもそしたらなんでオウムのアロマを「お兄ちゃん」と呼んでいるんだろう…
地が繋がってないけどそう呼んでるだけ?
シャムールは当時は耳のとがった人間の姿をしていたのでこっちがデフォ?
人間と動物の姿を自由に行き来する能力がもしあるのなら
カナタたちが動物になった姿も見てみたいけど…
たぶんシャムールだけなんだろうなあ。

カナタも耳が髪の毛で隠れてるけど、他の家族全員が耳とがってるなら
耳とがってるんでしょうね。ダークエルフ的な。
見せないのは、はるかとは所詮別な世界の人間だという事を再認識させないように
配慮してるんだろうか。いや異種族間でも大いに歓迎ですけど!?

 

響け!はるかかなたへ!というかけ声からすると
はるかとカナタの子供が後の響(スイートプリキュア)になるという伏線か…
とかそういうネタは先週の時点ですでにいろんな人が言ってるんだろうなw