でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

立体ピクロス2

さきほど3DS立体ピクロス2はじめました。

カタチ新発見! 立体ピクロス2 カタチ新発見! 立体ピクロス2

任天堂 2015-10-01
売り上げランキング : 27

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

ピクロスとは任天堂版お絵描きロジックでして、
立体ピクロスピクロスのルールに乗っ取って縦、横、高さを加えたものです。
まずそこから知らんって人は1からやってみてください!面白いから!

立体ピクロス 立体ピクロス

任天堂 2009-03-12
売り上げランキング : 682

Amazonで詳しく見る by G-Tools


立体どころか普通のピクロスを知らんって人はDSカートリッジもありますが
ニンテンドーEshopでも小分けで買えますよ。

 

で、この立体ピクロス2、発売日から家においてあったんですが、その時は
他の事をしていたいモードだったもので、今になって漸く手をつけました。
とりあえず、1を知っている前提で感想?レビュー?
どんなゲームだったのかを書いてみますよ。
ただのパズルにネタバレも糞も無いだろうし、畳むのはいらないよね?

 

------------------------

 

ピクロスは元々好きで、DSで出てた立体ピクロス1にもそれはハマッたものですが、
3DSになった今だからこそ出すべきだろうと思っていた2が
なっかなか出ないので、1がよほど不評だったのかなあと心配しておりました。
そしたら8月末あたりにひっそりとAmazonに加わっていた事を知る。
(そういや最近新作ゲームリストとかゲハ系まとめとか見てないな…)

 

今回はなんかカフェがコンセプトのようで、落ち着く背景です。
セーブデータも、3つあるのですがカフェのメンバーズカード風でした。

f:id:demerin:20151014164851j:plain

机の上に置いてあるのは今まで完成させたパズルですね。
こういう風にして背景が充実していくのかな?


問題は今まで解いてきた問題数とか得点の累計でどんどん解放されていくのですが
テーマに沿ったブック形式のフォルダというのがおしゃれですね。

f:id:demerin:20151014164852j:plain

なんか右下にアミーボ本みたいなのがありますけど…
どうもこちらはアミーボをかざす事でそれに対応したパズルが出るようです。
え、ここでルフレとかガノンドロフとか作れるの?
かざしたらそのキャラが作れるのか、そのゲームに登場する他の
ピクロスで再現できる程度に単純な)何かなのかわからないと何とも…
あ、アミーボは一個も持ってません。
リンクとかゼルダとか持ってても作れるのがボムとかトライフォースとか
そんなんだけだったら弱いなあ…。



肝心の、パズル真っ最中の画面です。

f:id:demerin:20151014164850j:plain

CMやパッケージデザインを見た時、まず「この黄色いブロックは
なんで削れてるんだよ…場所によって形も違うみたいだしどうやって解くんだ?」
と思いましたよね。

この黄色い部分、普通にパズルを解く過程で存在ブロックとして確定させた瞬間
勝手に何らかの形に削られます。
そのパズルの完成品の都合に合わせて三角なり球体なり勝手にカタチ新発見してくれます
写真では黄色(正確にはオレンジなんですが)の二色ありますけど
青が真四角のままなブロック黄色が勝手に形が変わるブロックです。
どんな形に変わってもひとマス扱いな事は変わらないので、
そこらへんはゲーム側に任せておいて、こちらは従来のピクロスと同じ操作で
完全にいらないブロックのみを削っていけば良いのです。



…と言いたいところですが、青と黄色が一列の中に混在しているので
システムは若干複雑になりました。というよりミス扱いとなる条件が増えました

今までは、ある列において黒い文字で書かれた数字分のブロックさえ確保すれば
あとはごんごん遠慮なく残りのブロックを消せました。
しかし今回は、青で書かれた条件を満たした時点でうっかり他を壊すと
まだ黄色ブロックとして残しておかなければならない部分がある場合ミスになります。
黄色のブロックが混在している列はブロックに2つ数字が書かれているものの
1に慣れていたらもう一つの数字の存在をうっかり忘れて破壊してしまうっていう。

もっと悪いことに、立体ピクロス1ではブロックを着色するという行為は
仮確定、ブロック破壊防止コーティングどまりの意味でした。
万一間違ってたら色を消して考え直せば良い。
ところが今回の2では、青あるいは黄色の色をつけた時点で
「ここのブロックは青、そのブロックは黄色である」と確定させる行為
なっています。
つまり、1の仮塗り感覚でホイホイ1色で塗ってると、
万一そこが違う色のブロック或いは空白だった場合ミス扱いになります。
これはつらい。破壊はもちろんただの着色にもすごく気を遣います

そのブロックが立方体のままであるか、形が変わる部分であるかどうか、
君にはその区別がわかっているのか?というのが開発的にすごく重要なんだろうな。
あと、2色あるシステムで間違ったまま着色進行すると
どこがどう間違っているのか見つけにくすぎる、というのもあるのかも…

今ミスるのは1慣れしてるからだと思うので、これから2の仕様にも
慣れていくしかないですね。
黄色ブロックのおかげで完成品のバリエーションも増えたし、
地味に黄色ブロックが確定した時に勝手に形が削られる様子も気持ちが良いです。


そういえば今回は爆弾というのがあって、開幕同時に使えば
0とわかっているブロックは全て自動的に破壊してくれるんです。
これでタイムがかなり縮まる。
だったら最初から0を除いた形で開始すればいいのかもしれませんが、
そこは自分でちくちく削るのが楽しいって人もいるでしょうし
四角いカタマリから始まるのが楽しいんだって人もいますもんね。

立体ピクロス本来の楽しさは失われてないので、1が面白かった人は是非に!
まあ、1も配信問題全然終わってませんけどね……

 

今回マスコットキャラは見当たりません。解説は声だけです。
1のピカソみたいなブロックの表情がムカつくとプレイヤーから
苦情でもきてたのでしょうかw
っていうかアイツただ居ただけで解説してたのは別の声だったのかもしれない