読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でめりんのおぼえがき

ゲームと育児の話中心に色々目に留まったことなど。長文病です。 たまにお絵描きも

Kindle 同棲終了日記

その他作品

おまけのつもりが思ったより文章が長引いたので
前回の「透明なゆりかご」と記事を分けました。

 

使用した旦那のiPadに、いつも各サイトの広告で強制的に目に入ってきてた
あの「同棲終了日記」まで入ってましてw
何しろ広告がアレなので密かに気になってたものです。でもレビュー調べると
酷評ばかりなのでじゃあやめとくか、と思ってた…ところ旦那がすでに釣られて
買っていたようで、なんだ早く言ってくれよと私もあやかれましたw

…以下超辛口注意。

 

4575307637 同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました
おりはら さちこ
双葉社 2014-10-21

by G-Tools

正直、広告でウザいくらい出ていたあの「好きな人ができた」のシーンが
序盤でありながらこの物語の盛り上がるMAXです。告知後は
修羅場描写も抑え目に、事務的に部屋の契約解消したらあとは引越し日まで
ひたすらグチグチしつつの残り日数消化という盛り下がり。
これを読む読者が知りたいのは、結局最終的に作者や元彼氏はどうなったのかという
顛末だと思うんですけど、不明なまま。まあ連絡先交換してないようだし。

 

冒頭で同棲相手に心変わりを告げられるシーンから始まるのですが、
その後に、これまで10年こういう漫画を描いてきたといって
ブログに載せてきたラブラブ同棲4コマを延々と載せ。
ページ稼ぎにしか見えませんでした。というか、結末を知らされた後に
ラブラブ時代の話を挟んで読まされるという手順がよくわかりません。

ほのぼの結婚生活のエッセイ漫画なんかは沢山ありますけど、それらとは違い
全くネタを捻ってなくて、恋人同士の間で済ませとけばいいような
気持ち悪い馴れ合い方を駄々漏れで見せられてるだけで…。
素人ブログ止まりならともかく、これだけでは狙ってた製本化はできません。
(そういう意味では別れて製本化するネタにできて良かったのか?)

あと、自分の方が4コマにするほど情熱がある癖して彼氏の方からばかり
寄ってくるような描写で、全体的に彼氏への上から目線が鼻に付きました。
気持ちは悪いけど愛情を素直に求める彼氏に対して照れなのか知りませんが応えず
別れた場合貯金全部いただくとか…
ホワイトボードに愛情と書かれてた時点で彼氏はSOSを出していたのではないですか。
そこに気づかずに現象だけ4コマ化しているってのがもう。
言われて愉快な女性はいないと思いますが、こういう対応の数々が、男性のいう
所謂「かわいげのない女」ってやつなんだろうなーと思いました。

 

で、その4コマの終盤で、後の心変わりのきっかけとなる
手作りバレンタインチョコをもらうわけですが…
まあ彼女持ちとわかってる人に手作りくれる奴は信用できんわなw

結局彼氏は心変わりしてしまい、部屋の契約を終了させるわけですが
退去までの一ヶ月の間、彼氏はずっと新しい彼女とデートしつつ
前彼女と一緒に暮らしています。
なんていうかこの彼氏素直ではあるんですけど、素直すぎて無神経だし
即日飛び出していかない事を許しているあたり彼氏も彼女も合理的な考えですね。

いや、彼女はその間に必死で戻ってくる事を願っているわけですが
仮に戻ってきたとしても、事あるごとに心変わりされた事を思い出し
イラついてイヤミ言っちゃうと思います…実際戻ってきてなくてもイヤミ攻撃だし。
これでは罪悪感や世間体につけこむことはできても、心を取り戻すには逆効果です。

この契約切れまでの一ヶ月の間に彼氏を取り戻すことは…
できたかもしれないと思います。本当に素直に涙を流してすがれば。
でも、怒りとプライドが勝ってしまった。
影で泣いたかもしれないけど、彼氏の前では最後まで相変わらずの
「かわいげのない」対応のままだったので、ラストチャンスを逃した感があります。

まあムカつきすぎて、その上こっちが下手に出てすがるなんて
絶対イヤだってのはわかりますwわかりますけども。意地をはりすぎた。

 

なにげに怖いのが、
自分の事を好きじゃなくなった彼氏はもう他人だと
いつか雑談の中で話していたのですが、
別れ話の後のシーンからは本当に「←誰こいつ」と書いてあって
物語の最後までずーっと彼氏の似顔絵がマルかいてちょん状態なんです。
もうふられた後は彼氏の顔や髪型のディティールを描く手間すら
かけたくないわっていう心理状態がじつによく表れているw
実際急に他人に見えてきたというのはわかる気がします。心が閉じた瞬間ですね。

男がいなくなってしまった後はそのへんの親切な美容師や営業さんにすら
心を許してしまいそうになるその弱り方がリアルです。

 

-----------------------------------------------

 

これを出版したことで、別れた彼氏と新彼女はこの本に気づき、
彼女はこれが横の彼氏の事を描いていると気づいたのでしょうか。
彼氏は自分からは絶対教えたくないだろうと思いますが。
(別れてたら知らん)

でも作者は、もちろん編集的にはページ稼ぎのつもりもあっただろうけど
ラブラブ時代の4コマを併せて載せておく事で
少なくとも彼氏を記録に残しておこうというつもりはあって
できれば今の彼氏がこの本を目に留めて自分を思い出し、
あわよくば新しい彼女にも見られてしまえ、という
当てつけの気持ちも…あったんじゃないかなあと思います。

よりを戻したいというには時間がたちすぎて今の生活にも慣れてるだろうから
あくまでちょっとした復讐というか。

 

それにしても…やっぱりというか確信したのは
同棲は簡単に許してはいけないという事です。
元々一人暮らし、親の許可を得に行くほど長く交際はしていない、
それでいて恋愛的には蜜月だったら、今すぐにでもとりあえず
お泊まりの延長で一緒に暮らしたいと思っちゃうのはよくわかるんですが
子供が絡まない限りは、わざわざ結婚する必要ないじゃんとなっちゃうので
一緒に暮らす事は結婚と引き換えのお楽しみ、釣り餌として
とっておいた方が良いと思います。

広告を非表示にする